【フリーソフト】画像編集にはGIMPがおすすめ!

スポンサーリンク

画像編集にはGIMPがおすすめ!

画像編集ソフトといえばPhotoshopが有名ですが
高機能な分、お値段もお高いイメージがあります。

そこで今回は無料のフリーソフトでも
引けをとらないGIMP(ギンプ)をご紹介したいと思います。

私自身、メインのパソコンにPhotoshopを入れており使っていますが
持ち運び用のパソコンにはインストールしていません。
GIMPでも高機能な画像処理ができますので
持ち運び用のパソコンでちょっと画像処理をしたい場合は
GIMPを使っています。

フリーソフトの中でも有名なソフトなので
詳しい操作の紹介ページもたくさんあります。

GIMPをゲットしよう!

ダウンロードページのURLは以下のとおりです。
・公式ページ
https://www.gimp.org/
・窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/gimp/

キャラクターが筆をくわえて画像処理ソフトらしさがあります。
上部のボタンからダウンロードして、インストールしましょう。
特に難しい設定はありませんので割愛します。

GIMPを使ってみよう!

さっそく起動していきます。起動時は少し読み込みに時間が掛かります。

起動すると以下の画面が表示されます。
キャンバスも何もない状態です。

メニューバーの「ファイル」から「新規作成」をクリックして
新しくはじめてみましょう。

今回はソフトのご紹介なので、適当なサイズでキャンバスを設定していきます。

そうすると画面中央にキャンバスが表れます。
写真等の修正したい画像ファイルがある場合は
ドラッグ&ドロップでもファイルを開くで編集していきます。

そして通常の画像処理ソフトと同様に操作していきます。
デフォルトでは左右にツールボックス等の
機能が集約されたダイアログボックスが表示されています。
一部ご紹介します。

ツールボックスです。

選択、テキスト挿入、塗りつぶし・・・
基本的なものは揃っています。

レイヤーです。

画像処理にはかかせないレイヤー機能も備わっています。
レイヤーマスク、アルファチャネルも使えますよ。

そのほかメニューバーもみてみましょう。
「画像」では切り抜き、拡大・縮小、変形、そしてガイドもあります。

「レイヤー」では複製や重なり、透明の設定等の
レイヤーに対する細かい操作が可能です。

「色」では色相や彩度、カラーバランス、トーンカーブ、明るさ、コントラスト、
補正に欠かせない機能はもちろんあります。

そして「フィルター」ではシャープ、ぼかし、レンズ補正といった
写真加工に必要な機能がそろっています。
フリーソフトでもここの機能が豊富なことはとても嬉しいですね。

最後にエクスポートで好きな画像形式に出力できます。

フリーソフトでも十分すぎるくらいに機能が豊富だと感じています。
無料で画像編集ソフトを使いたいのであればGIMPをおすすめします。

特に背景の透過処理をしたいといったことであれば
Windows標準のペイントよりも使いやすいのではないでしょうか。

以上、「【フリーソフト】画像編集にはGIMPがおすすめ!」でした。

また今後も便利なフリーソフトを
ご紹介していきたいと思います!!