【VBScript(VBS)】VBScriptでIEブラウザを操作しよう!自動でインターネットの情報収集

スポンサーリンク

VBScriptでIEブラウザを操作しよう!自動でインターネットの情報収集

VBScriptでIEブラウザを操作することができます。
あらかじめブラウザの操作をコーディングしておくと
自動でネットの操作ができるようになります。

挙動に関しては自己責任でお願いします

IEブラウザの操作 サンプル

Dim objIE1
'IE起動
Set objIE1 = CreateObject("InternetExplorer.Application")
objIE1.Visible = True

'Webサイトを開く
objIE1.navigate "○○○○○○○○○○○○[開きたいWebサイトのURL]"
'1.5秒待つ
WScript.Sleep (1500)

'IEが表示完了するまで待つ
Do While objIE1.document.readyState <> "complete"
Loop

'入力項目の操作
objIE1.document.getelementbyid("○○○[入力対象項目のID]").Value = ○○○[何かしら入力したいとき]

'1秒待つ
WScript.Sleep (1000)

'ボタンを押す操作
Dim objLink1
For Each objLink1 In objIE1.document.getElementsByTagName("input")
    If objLink1.alt = "○○○○[ボタンの文字]" Then
        objLink1.Click
        Exit For
    End If
Next

'1秒待つ
WScript.Sleep (1000)

'IEが表示完了するまで待つ
Do While objIE1.document.readyState <> "complete"
Loop

Set objIE1 = Nothing

「関数」まとめ

  • 「CreateObject(“InternetExplorer.Application”)」でオブジェクトを準備
  • 「[オブジェクト].navigate」で対象のWebサイトを開く
  • オブジェクト内の要素を検索して、操作や値の取得を行おう

いかがでしたでしょうか?
今回は、VBSCriptでIEブラウザを操作する方法をご紹介しました。
表示後の操作でページ本文内の文字列を取得するなど用途は様々に応用可能です。
それらの方法は別の記事にてご紹介しようと思います。

以上、「【VBScript(VBS)】VBSCriptでIEブラウザを操作しよう!自動でインターネットの情報収集」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする