【バッチ・コマンド】プログラムに引数を渡して起動させよう!

スポンサーリンク

プログラムに引数を渡して起動させよう!(関数)

今回は、コマンドプロンプトやバッチの処理で
プログラムに引数を渡して起動させる方法をご紹介します。

▽引数とは

引数とは、起動時にプログラムの処理に対してあらかじめ渡す値、数値のことを指します

プログラムに引数を渡して起動させる方法 サンプル

以下のサンプルでは、引数の入力を求めて、
入力された引数をVBScriptに渡しつつ起動させる例を記述しています。

@echo off
cls

set USR_INPUT_STR=
rem 入力要求
set /P USR_INPUT_STR="入力してください: "

cscript ○○○○○○○○○○.vbs %USR_INPUT_STR%

pause
exit

プログラムに引数を渡して起動させる方法 解説

「set /P USR_INPUT_STR=”入力してください: “」で、
コマンドプロンプトの画面で引数の値の入力を求めています。
「set /P 変数=[プロンプト文字列]」という構文です。

ここで入力された値は変数「USR_INPUT_STR」に格納されます。
つづいて、VBScriptを起動させます。
「cscript ○○○○○○○○○○.vbs %USR_INPUT_STR%」の部分です。
「○○○○○○○○○○.vbs」は任意のVBscriptを指します。
このときに「%USR_INPUT_STR%」で変数によって引数を渡しています。

実際は、引数の入力チェックが必要になりますが、
こちらは呼び出し先であるVBScript等のプログラムに
記述されているものとして省略しています。

詳しくは以下の記事で確認してみてください。

【VBScript(VBS)】引数を渡してVBScriptを起動しよう!引数のチェックの仕方!
引数を渡してVBScriptを起動しよう!引数のチェックの仕方! 引数を渡してVBScriptを起動する方法をご紹介します。 渡され...

「関数」まとめ

  • 入力を求めて変数に格納するので「SET」コマンドを使おう
  • 「set /P 変数=[プロンプト文字列]」でプロンプト画面から入力を求める
  • 入力された値は「%[変数名]%」で取り出そう

いかがでしたでしょうか?
今回は、プログラムに引数を渡して起動させる方法をご紹介しました。
やり方を覚えてしまえば簡単なことだと思います。
基本的な「SET」コマンドでバッチ操作に幅を持たせましょう!

以上、「【バッチ・コマンド】プログラムに引数を渡して起動させよう!」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする