【ExcelVBA】オブジェクト(図形・オートシェイプ)の消し方

スポンサーリンク

オブジェクト(図形・オートシェイプ)の消し方

Excelでは、オートシェイプといった図形を扱いますが、
これらをVBAで操作することが可能です。

今回は、オブジェクト(図形・オートシェイプ)の消し方(削除の仕方)をご紹介します。

サンプルコード

    With Worksheets("Sheet1")

        For Each ob In .DrawingObjects
            If Not Intersect(ob.TopLeftCell, .Range("A1:C10")) Is Nothing Then
                ob.Delete
            End If
        Next

サンプルコードでは、セル範囲「A1:C10」の
オートシェイプ(オブジェクト)を随時削除しています。
For文で随時消していますので、
If文で条件に合うもののみを消すということも可能です。

以上、「【ExcelVBA】オブジェクト(図形・オートシェイプ)の消し方」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする