【Excel】セルの書式設定(ユーザー定義)で曜日の表示・桁数(百万単位)の表示(小技)

スポンサーリンク

セルの書式設定(ユーザー定義)で曜日の表示・桁数(百万単位)の表示(小技)

Excelでは、「セルの書式設定」でいろいろな表示ができます。
今回はセルの書式設定の中でも覚えておくべき表示の方法を
いくつかご紹介したいと思います。

セルの書式設定 ユーザー定義のやり方

はじめに対象のセルの「セルの書式設定」を設定する方法をご紹介します。

対象のセルを「右クリック」しましょう。
そして、「セルの書式設定」をクリックします。

そうすると「セルの書式設定」ダイアログ画面が表示されます。
「表示形式」タブで「分類」から設定したい書式を選択します。
あらかじめ用意されている書式を選択できるほか、
ユーザー自身で定義したい場合は「ユーザー定義」を選択します。

桁数(百万単位)の表示

セルに入力されている数値の桁数が多いときなど、
資料では千単位、百万単位で表す場合があります。

サンプルとしてB2セル、B5セルに「123,456,789」と入力されている場合
千単位で表示するには「ユーザー定義」で以下のように設定しましょう。

##,###,

千単位で表示するようにしましたので、下3ケタが表示されなくなり
結果としてB5セルには「123,456」と表示されました。
また表示が変わっただけなので、もとの「123,456,789」という数値は保持しています。

曜日の表示

曜日の表示の表現もいろいろあります。
例えば「水曜日」でも、「水」や「水曜」と資料等によって様々です。

日付の書式も「ユーザー定義」で書式設定で変更することができます。
以下に例を記載します。

元の日付は「2010/01/01」です。
E列では、「ユーザー定義」でいろいろな曜日の表示をしています。
D列ではE列でどのような「ユーザー定義」をしているか表示しています。

  • ddd・・・Fri
  • dddd・・・Friday
  • aaa・・・金
  • aaaa・・・金曜日
  • aaa”曜”・・・金曜

最後の「aaa”曜”」のようにダブルクォーテーションで文字を囲むと
任意の文字列を結合して表示することができます。
たとえば”()”を組み合わせて「(金)」と表示することができます。

セルの書式設定(ユーザー定義) まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、セルの書式設定(ユーザー定義)で曜日の表示・桁数(百万単位)の表示する方法をご紹介しました。
このほかにも有用なセルの書式設定がありますので別の機会にご紹介したいと思います。

以上、「【Excel】セルの書式設定(ユーザー定義)で曜日の表示・桁数(百万単位)の表示(小技)」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする