【Excel】関数や計算式が更新されないときの対処法(自動計算・手動計算)

スポンサーリンク

関数や計算式が更新されないときの対処法(自動計算・手動計算)

Excel(エクセル)を使っているうちにシート内の関数や計算式が更新されなくなったとき(結果が反映されなくなったとき)の対処法をご紹介します。

通常であれば、セルに文字や数値を入力した段階で関数や計算式が再計算されて常に最新の結果が表示されます。
しかしいつの間にか再計算されなくなる状態があります。

そのうちの原因のひとつは複数のBook(ブック)を開いて、そのうちのBookのひとつが自動更新されないものであったりすると意図せず自動更新がされないようになります。

処理速度や表計算のかねあいで自動更新をしていない場合(手動設定)もあります。
そんなときの確認すべき項目や対処法をいくつかご紹介します。

「計算方法の設定」を確認しよう!

さっそく関数や計算式が自動更新か手動なのかを確認しましょう。
「数式」タブの「計算方法の設定」で確認・設定することができます。

この「計算方法の設定」の設定によって自動更新されるかどうかが決まりますので
更新されないときは確認しましょう。必要であれば設定を切り替えて「自動更新」にします。

また、「ファイル」タブから、「オプション」画面を表示してそのなかの「数式」項目をみてみると同様の設定が確認・設定できます。

自動更新はしたくないけど、自分のタイミングで更新したい場合

Excelでの処理の中には自動更新をしたくない場合もあると思います。
複雑な計算式をつくっていると処理が遅くなりますので、わざと「更新方法の設定」を「手動」にしている場合です。

けれども自分のタイミングで更新をかけたいときもあります。
そういったときは「数式」タブから「再計算実行」をクリックしてください。

そうすると関数や計算式が処理されて最新の結果が表示されるようになります。

また、「再計算実行」のショートカットもあります。
キーボードの「F9」(ファンクションキー)を押下してください。これで「再計算実行」が実行されます。

対処法まとめ

  • 「数式」タブの「計算方法の設定」で自動更新か手動なのか確認しましょう
  • 「再計算実行」で関数や計算式の結果を最新にしましょう
  • 「再計算実行」のショートカットは「F9」を押下しましょう

今回はExcelにおいて関数や計算式が更新されないときの対処法をご紹介しました。
ほかにもご紹介したいものがたくさんありますので随時記事にまとめていきたいと思います。

以上、「関数や計算式が更新されないときの対処法(自動計算・手動計算)」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする