【Excel】固定長ファイル(prn・txtファイル)の作り方

スポンサーリンク

固定長ファイル(prn・txtファイル)の作り方

データの形式には様々な方法があります。
例えば、カンマ区切りであるCSVファイルや
タブ区切りのテキストファイル(txtファイル)が代表的かと思います。

そしてあらかじめ決められたレコードの中で
何文字目から何文字目まではある項目を表して、
つぎの何文字目から何文字目までは別の項目を表すというような
桁区切りで表現する固定長ファイルもあります。

そのような固定長ファイルをプログラムやExcel(エクセル)で取り込むのは簡単ですが、
いざ固定長ファイルを作ろうとすると、空白文字列で文字詰めしていくのですが、
Excelで簡単に作る方法が意外にも知られていないことに気づきました。

今回は、Excelで固定長ファイルを作る方法をご紹介します。

固定長ファイルを作る方法(メイン)

まずは、Excel(エクセル)を起動しましょう。
そして「Seet1」にデータを入力していきます。

例として、A項目、B項目、C項目の3項目にそれぞれ適当に値を入力します。

実際に固定長ファイルとして作成してみますが
A項目が9桁、B項目が4桁、C項目が6桁と想定して作っていきます。

作成時のポイントはセルの「列の幅を調整する」ということです。
列と列の間にマウスカーソルとあわせると列の幅を調整することができます。
ここで桁数と同じ列の幅を指定するのです。
A項目が9桁ということであれば、列の幅を”9”に調整します。

そして、同様にB項目、C項目もそれぞれ列の幅を指定できれば完成間近です。
最後に「名前を付けて保存」でファイルを保存します。
このときにファイルの種類で、リストから「テキスト(スペース区切り)(*.prn)」を指定します。
あまりお目にかかる機会はありませんが、固定長ファイルはスペース区切りで拡張子が「*.prn」となります。

しかしこのままでは「.prn」の拡張子のせいで少々わかりづらいので、
いっそのこと「.txt」に拡張子を変えておきましょう。

もちろん中身はそのままで、きちんと固定長ファイルになっています。
指定した桁(列の幅)でデータと空白で詰められているデータレコードのファイルになっています。

今回は、ファイルの形式の中でもあまり知られていない
Excelでの固定長ファイルの作り方をご紹介しました。
ほかにもご紹介したいものがたくさんありますので随時記事にまとめていきたいと思います。

以上、「固定長ファイル(prn・txtファイル)の作り方」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする