【Excel】数値を切り上げる(ROUNDUP関数)

スポンサーリンク

数値を切り上げる(ROUNDUP関数)

Excelには数値を切り上げる関数があります。
ROUNDUP関数」です。

指定した桁数で数値を切り捨てることができますので、
たとえば1の位や小数点以下といった端数を切り捨てて
数値を整えることができます。

「ROUNDUP関数」の使い方

=roundup(数値,桁数)

数値には切り上げたい数値または入力されている対象のセルを指定します。
桁数のところには、切り上げたい桁を指定します。

「ROUNDUP関数」の使い方 例

「ROUNDWON関数」の使い方を例にご紹介します。

セルB2に「1.23456」と小数点が含まれている数値が入力されているとします。
これを小数点以下を切り上げて表示させたいと思います。

セルC2に「ROUNDUP関数」を用いています。
セルC2には

=ROUNDUP(B2,0)

と入力しました。

桁数に「0」を指定することで小数点以下が切り上げられて
結果、セルC2に「2」と表示されるようになりました。

まとめ

  • 数値を切り上げたいときは「ROUNDUP関数」
  • 使い方は対象の数値と、切り上げたい桁数を指定する
  • 桁数に「0」を指定すると、小数点以下が切り上げられる

いかがでしたでしょうか?
端数や小数点以下を切り上げて端数を整えたい場合、
数値を一定の桁数で整えたい場合は
「ROUNDUP関数」で数値を切り上げましょう。

数値を切り上げる関数は「ROUNDUP関数」ですが、
数値を切り捨てる「ROUNDDOWN関数」もあります。
こちらも合わせて確認してみてください。

【Excel】数値を切り捨てる(ROUNDWON関数)
数値を切り捨てる(ROUNDWON関数) Excelには数値を切り捨てる関数があります。 「ROUNDWON関数」です。 指定した...

以上、「【Excel】数値を切り上げる(ROUNDUP関数)」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする