【Excel】範囲の最大値を求める(MAX関数)

スポンサーリンク

範囲の最大値を求める(MAX関数)

Excelで数値を入力して、データ集計するときに
最大値を求めて表示することがあります。

その場合は、MAX関数を使いましょう。
セルに多くのデータが入力されているときほど便利です。

範囲を指定するだけで、その範囲内の最大値を表示してくれます。

MAX関数の使い方

=max(数値1,[数値2]...)

引数である数値1に最大値を求めたいセルの番地を指定していきましょう。
また範囲指定が可能ですので、たとえばA1:B3のように
セルA1からB3までの範囲の最大値を求めることもできます。

MAX関数の使い方サンプル

MAX関数の使い方を実際に例を用いて説明します。

A2からA4までには各拠点とB2からB4までにはそれぞれの売上金額が入力されているとします。
そして、5行目にはそれらの最大値を求めるようにします。
このような場合にMAX関数を用いて合計値を求めてみましょう。

B5セルには

=MAX(B2:B4)

と入力しています。
セルB2からセルB4までの範囲を指定して、その範囲の最大値を算出します。
結果として東京の「¥22,000」が求められました。

このように最大値を求めたい場合はMAX関数を使って簡単に計算しましょう。

以上、「【Excel】範囲の最大値を求める(MAX関数)」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする