【Excel 小技】文字の長さを調べよう!(LEN関数)

スポンサーリンク

文字の長さを調べよう!(LEN関数)

Excelではセルに入力した文字数を調べることができます。
例えば200文字以内で感想文を書くときにちょっと調べたり
なにかしら文字数を指定されてた場合、
「LEN関数」を使うと、何文字であるか調べることができます。

文字数を調べるには「LEN関数」

もちいるのは「LEN関数」です。
対象のセルに格納された文字列の文字数を調べることができる関数です。

【LEN関数の構文】
LEN(「文字数を調べたいセル番地」)

ここで注意したいのが「LEN関数」の場合
文字数ですので、全角であろうが半角であろうが
1文字は1文字とカウントします。

もしバイト数(全角2バイト)を調べたいのであれば、
「LENB関数」を使います。
使い方は「LEN関数」と一緒です。

「LEN関数」を使ってみよう

実際に使ってみるとわかりやすいです。

2行目と5行目に「aiueo」、
3行目と6行目に「あいうえお」と入力しています。

「aiueo」は半角ですので、文字数は5、バイト数は5です。
「あいうえお」は全角ですので、文字数は5、バイト数は10です。

このように調べたい内容によって使い分ける必要があります。
またLEN関数はMID関数やLEFT関数など
文字列操作の関数と組み合わせることが多いので覚えておいて損はありません。

また今後もExcelやVBAについてお役立ち情報など
ご紹介していきたいと思います!!

以上、「【Excel 小技】文字の長さを調べよう!(LEN関数)」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする