【Excel VBA】アクティブシートを一発でPDFで出力する

スポンサーリンク

【Excel VBA】アクティブシートを一発でPDFで出力する

ExcelではVBAを用いることによって様々なことを自動化することができます。
ルーティン作業等は自動化して、業務を効率よくそして楽にしましょう!

今回ご紹介するのはExcelのアクティブシートを一発でPDFに出力する方法です。

通常、アクティブシートをPDFとして出力したい場合、
「保存」からPDFに変換することができますが、
何回もボタンをクリックしたりしないといけません。

そこで一発でPDFに変換することができるVBAマクロをご紹介します。

サンプルコード


    Dim fileName As String '保存先フォルダパス&ファイル名
    
    fileName = ThisWorkbook.Path & "\" & ThisWorkbook.Name & ".pdf"
   
    ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, fileName:=fileName

解 説

現在アクティブなExcelのフォルダパスとブック名を取得し、
同フォルダにブック名と同じ名前でPDFとして出力させています。

フォルダパスは「ThisWorkbook.Path」で取得できます。
ブック名は「ThisWorkbook.Name」で取得できます。

そして「ActiveSheet.ExportAsFixedFormat」で指定する形式で出力します。
PDF形式で出力したい場合「 Type:=xlTypePDF」とタイプを指定します。

このときに「fileName:=fileName」によって、
出力ファイルの名称にブック名を指定しています。
ブック名の箇所は任意の名前に変更するような処理にしても
もちろんOKです。

ちなみに印刷プレビュー等で指定したイメージでPDFが生成されます。
(印刷イメージと一緒です)

また、これを応用して全シートを個別に生成するといった拡張も可能です。
PDFファイル形式だけでなく、
CSVファイル形式やTXTファイル形式といった応用もできます。

作業内容によっていろいろ変えて試してみてください。
Excelで帳票を作っていたりする方には特におススメの方法です。

今後もExcelやVBAについてお役立ち情報などご紹介していきたいと思います!!

以上、「【Excel VBA】アクティブシートを一発でPDFで出力する」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする