【Excel 小技】ミニ棒グラフで視覚的に!

スポンサーリンク

ミニ棒グラフで視覚的に!

Excelではグラフ機能があります。
数字だけで表すよりも図のような形のほうが
はっきりデータの比較や推移が分かり易いものです。

しかしちょっとした表に対して
グラフをわざわざ作るのも面倒ですし、
逆に視認性が悪くなることもあります。

そこで関数でできるちょっとしたミニグラフの作り方をご紹介します。

「REPT関数」を使おう

もちいるのは「REPT関数」です。
これは指定した文字を指定回数繰り返す関数です。

【REPT関数の構文】
REPT(「繰り返したい文字」,「繰り返す回数」)

例えば第一引数の「繰り返したい文字」に
“■”や“|”をいれることによりミニ棒グラフのようなかたちで
表現することができます。

実際に使ってみるとわかりやすいです。

B列に拠点(東京、大阪、名古屋)、
C列にデータが表示されていた場合、
D列にREPT関数で
それぞれのC列のデータを■の文字の繰り返しで
棒グラフを表現しています。

ぱっと見ただけで大阪の数値が
他に比べて多いことがわかると思います。

このようにして工夫すると見やすさが上がり
他の人に伝わる易くなります。

また今後もExcelやVBAについてお役立ち情報など
ご紹介していきたいと思います!!

以上、「【Excel 小技】ミニグラフで視覚的に!」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする