禁煙のための5つの心構えと方法~タバコを辞めるには~

スポンサーリンク

禁煙のための5つの心構えと方法

私事ですが禁煙をしております。
現在のとっころ1カ月禁煙を続けられています。
禁煙を取り組むにあたり、5つの心構えと方法を実践、経験して継続できています。

同じく禁煙を頑張っている人、
これから禁煙しようかなと悩んでいる人のために
少しでも参考になればと私の実体験を書きます。

1.禁煙のきっかけ、目的

タバコは何のために吸っていますか?
何のために禁煙したと思っていますか?

私はタバコを吸うことは他人に迷惑が掛からなければ否定しません。
人のいない山奥でタバコを吸って
きちんとゴミを持ち帰っていたらその人以外に影響はないのではないでしょうか。

まずは何のためにタバコを吸うのか、
なぜ禁煙したいのかを今一度考えなおしてみましょう。

私のきっかけは健康面です。
もともと扁桃腺が弱く、喫煙によって悪影響がありました。
そしてタバコを吸えないほど風邪を引いたときに辞めることを決めました。
ほとんどの喫煙者の人はタバコは健康に悪いことを認識したうえで
タバコを吸っています。
今更、健康に悪いと言われてもハッキリ言って、「わかっている」「知っている」です。
それでは健康になったらどのようにいいことがあるかを想像してみましょう。

  • 長生きができる可能性があり、大切な家族と過ごす時間が増える。
  • もちろんタバコを吸う時間はそのまま非喫煙者と交流する時間にまわせる。
  • タバコの匂いが嫌いな人と気にせずに接することができる。
  • タバコ代をもっと他のっことにつぎ込める。
  • (偏見ですが)マナーの悪い喫煙者と同様の視線を向けられる。

喫煙者のみなさんは健康やお金、周りの人、マナーを振り返って
やはり禁煙すべきだと思ったのなら禁煙してみましょう。
ハードルが高ければアイコスでも本数を減らすだけでもいいかもしれません。

行動することが大事です。

2.お金や時間について考える

お金のこともタバコを吸っている人から言わせれば

自覚したうえでタバコを購入しています。
遠慮なく納税させていただいております。

タバコ代は人によって違います。
お金の価値感も違いますので、
「1カ月あたり○○円だよ」というような野暮なことは言いません。
それでも切っても切れないのがお金の話です。

私はタバコそのものというよりも他の事にもお金が掛かっていませんか?と問いたいです。

ついつい無駄に缶コーヒーを買っていませんか?
ついつい忘れ物したからとライターを買っていませんか?

意外と「ついで買い」や「忘れたからコンビニで購入」といったことは
よくあると思います。

単純にタバコ代だけを考えるのではなく禁煙したら、
無くなるものも含めて考えてみてください。

きっと想像以上に財布の中身が変わります。

3.離脱症状について考える

禁煙を始めると離脱症状があらわれます。
朝起きたとき、食後、仕事の節目とタバコを吸って
リフレッシュする人は多いことでしょう。

喫煙が習慣化している人は辞めたことに対する慣れが必要です。

そして私が苦しめられたのは「眠気」です。

こういった症状があらわれることを前もって覚悟しておかないと
モチベーションが保てずに断念してしまう可能性があります。

しかし覚悟しておくことで「そういうものだ」と思えて
禁煙を続けることに前向きに取り掛かれます。

4.周りの協力も必要

禁煙を始めると習慣がなくなったり
離脱症状があらわれたりと間違いなく今までと生活が変わります。

あなたの周りの人に禁煙を始めたこと、離脱症状があることを
打ち明けてみてはいかがでしょうか。

周りの人の理解があれば少々の苦しさは解消されます。
また周り人に宣言するかたちなので禁煙を辞めづらくもなります。

そしてあなたの他に喫煙者がいる場合が最もややこしくなります。
吸っている人が近くにいることは誘惑につながったり
そうでなくても、どうしても匂いに過敏になったりと嫌悪感があらわれたりします。

正直、他の人が喫煙直後に話しかけてくることが
私にとって一番の苦痛でした。

できれば距離を置くことも必要かもしれません。
難しい場合ももちろんありますが、
前もって話ができれば、他の人が喫煙直後に話しかけてくるといった
最悪の状況は回避できます。

5.モチベーションを保つには

モチベーションを保つためには
タバコに代わるものを用意するのが効果的です。

口さびしさを紛らわすためにガムやタブレットといったお菓子を
口にするのもいいのではないでしょうか。

私の場合はチョコレート菓子やタブレットをよく食べます。
気分転換、自分へのご褒美といったかたちです。

また禁煙についてはタバコのことを忘れるのが一番なのですが
あえて日数をカウントすることもご提案します。

人はやはり数字で達成感を感じることができます。
1週間、10日、1カ月と節目を迎えると喜びに感じることができます。

まとめ

5つの章でご紹介したように
すべては気持ちの持ちようであることお分かりいただけたのではないでしょうか。

これをきっかけに禁煙に挑戦する方がいれば幸いです。
まずは無理せずハードルをできるだけ下げた状態で臨んでみましょう。
どうしても難しければ断念してもいいと思います。

人それぞれその人にあったやり方があるはずです。
その参考になればと私の実体験をもとにしたやり方をご紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする