【GoogleApps Script(GAS)】Googleサイトにアクセスしたユーザーのメールアドレスを表示する

スポンサーリンク

Googleサイトにアクセスしたユーザーのメールアドレスを表示する

Googleサイトにアクセスしたユーザーのメールアドレスを取得して
「ようこそ、(メールアドレス)さん」というかたちでGoogleサイト上に表示させます。

よく会員制のWebサイトにログインしたときなんかで表示されるようなものです。
また複数ユーザーを保持している人に向けて
ログインしているユーザーを明示的に知らせる目的もあります。

サンプルコード

function doGet(e){
  
  var user = Session.getUser();
  var strEmail = user.getEmail();
  var aryContact = ContactsApp.getContactsByEmailAddress(strEmail);
  var strName = aryContact[0].getFullName(); 
  
  var app = UiApp.createApplication();
  var form = app.createFormPanel().setTitle('viwer upload sample').setEncoding('multipart/form-data')
           .add(app.createLabel('ようこそ ' + strName + ' さん').setHorizontalAlignment(UiApp.HorizontalAlignment.RIGHT)
          );      
  app.add(form);
  return app;  
}

解説

まずは「var user = Session.getUser();」でアクセスしたユーザーを特定します。
そして「user.getEmail();」でメールアドレスを取得します。

あとは表示を整えてあげて、
Googleサイト上に表示できるかたちに仕上げます。
今回のサンプルコードではパネル上にラベルを用意して
そこに固定文字である「ようこそ」と「さん」を文字列結合しています。

また今後もGoogleApps Script(GAS)についてご紹介していきたいと思います!!

以上、「【GoogleApps Script(GAS)】Googleサイトにアクセスしたユーザーのメールアドレスを表示する」でした。