ブログを続けよう 文章を書く3つのコツ

スポンサーリンク

ブログを続けよう 文章を書く3つのコツ

ブログを始めたときに書きたいネタが尽きたり
何を書けばいいか思いつかなかったり
実際に書いてみたけど
短い文章で終わってしまうことはよくあるかと思います。

また長時間ブログを書くことに費やすことも
社会人にとっては少し厳しいと思います。
なるべく短時間で書きたいものですね。

私は100記事くらいブログを書いたところで過去の記事に比べて
より短時間でまともな日記を書くことができるようになったと実感しました。
正直、過去の記事は読み返すと恥ずかしいくらいです。少しずつ修正していっています。

私なりに文章を書くコツをまとめてみました。
ご参考になればと思います。

1.書きたいことをまとめておく

文章をいきなり書くのは誰にとっても難しいことだと思います。
まずは「何を伝えたいか」とテーマを決めましょう。
テーマが明確になれば、文章がちらばって
何を伝えたいのか分からない記事になることを防げます。

また文章は要点をまとめておきましょう。

例えば今日の出来事を3つの要点でまとめることができたら
章形式で

「1.今日こんなことがあった」
「2.あったことに対してこう思った」
「3.あったことに対してこうすればいいと考える」

と書くことができます。

それぞれの章で伝えたいことがより明確になり
さらに書きやすくなるのではないでしょうか?

2.他の人はあなたのことを知らない

他の人はあなたのことは知りません。
あなたにとっては当たり前、
細かいことでもより詳しく書いてみましょう。

例えば「車で出かけた」と単純に書いたとしても
誰と、どんな車で、どこにと付け加えることができます。
そんな細かいことも書いてしまったらくどくならないかと
心配になるかもしれませんが、
文章で伝えることは読み手側の想像を掻き立てないといけません。
文章だけで読み手の頭の中でそのシーンを描けるようにならないといけません。

小説でもその点を意識してみると、
結構こまかいことが書かれていることが分かります。

3.見やすく、読みやすく

先の章でもご紹介しましたが要点をまとめて
いくつかの章形式でまとめておくと読みやすくなります。
だらだらと文字が並んでいるよりも
伝えたいことが段落でまとまっているほうが読みやすいですよね?
書き手が読み手に共感を得たいばあは問いかけてみるようにしましょう。
「こんなことお困りではありませんか?」と
興味をひきつけることができれば
読み手もほうもぐっと文章にひきつけられてくれることでしょう。
たまには画像を差し込みましょう。
特に長文になってくると読み手も疲れて飽きてきます。
少し画像を挟むことで読み手にも休憩をしてもらう形にすることができます。
また画像が文脈の区切りにもなります。
文章中の言葉づかいですが、あまり難しい熟語、英語は避けた方が無難です。
読んでも意味が分からないものが急に登場したりしたら
文章に集中できませんよね?「瑕疵」とか。

まとめ

いかがでしたか?私なりに文章を書くコツを記事にさせてもらいました。
少しでも皆さんのブログ生活に役立ったら幸いです。

以上、「ブログを続けよう 文章を書く3つのコツ」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする