扁桃腺が弱い方へ!風邪の初期症状の対策について

スポンサーリンク

風邪の初期症状の対策について 扁桃腺が弱い方へ

私は扁桃腺が弱いです。
風邪をひいて病院にいくと間違いなくお医者さんから
扁桃腺が大きくて、腫れやすいことを指摘されます。

そしてこの扁桃腺が弱いと
高熱が出たりといった症状にいろいろ悩まされてきました。

私のほかにもきっと悩んでいる方もたくさんいると思うので
今現状の私の対策方法をご紹介しようと思います。

風邪をひいたり、扁桃腺が腫れたときは病院にいくのが一番だとは思いますが、
学校や仕事、家庭の都合でなかなか融通が利かない人もいると思います。
そんな方向けです。
主に薬局・ドラッグストアで手に入るアイテムの紹介です。

大正製薬 ヴイックス

いわゆるのど飴ですね。
とりあえず喉に少しでも違和感があれば迷わず使います。

個人的にヴイックスの中でもオレンジ味が一番好きです。
ちょっとした喉の痛みだけであれば、効果は十分に期待できます。
※個人の感想です。
コンビニでも手に入りますし、なによりも手軽なところがいいですね。

大正製薬 パブロン滋養内服液

熱の出はじめたり、風邪の初期症状のときはこれを飲みます。
あくまでも風邪薬ではないようですが、
営業ドリンクと漢方薬のハイブリットと
考えてもらえればわかりやすいのではないでしょうか。

「総合風邪薬」「漢方薬」「葛根湯」とかいろいろ人によりますが
自分としてはこちらがおすすめです。
※個人の感想です。

のどぬーるスプレー

喉の腫れや痛みもひどくなった場合は
こののどぬーるスプレーで対応します。

使用感は赤チンを喉や扁桃腺に吹きかけるような感じでしょうか。
独特の匂い等はありますがその分効いているような感じがします。
※個人の感想です。
良薬口に苦しとのごとく、
薬剤が舌にかかったときはちょっといい気持にはなれませんが。

まとめ

今回、3つの商品をご紹介しました。
医薬部外品、第3類とはいえ、あまり私も詳しくはないので
下手に書くことができないのですが、
商品としておすすめするならと選んでいます。

冒頭にも書いていますが
医師の診察が受けられるのであればそれが一番です。
ただ仕事等でどうしようもないときは
これらを使ってみてはいかがでしょうか。

以上、「扁桃腺が弱い方へ!風邪の初期症状の対策について」でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする